キャッシング審査

キャッシングを利用するためにはとにかく審査に通らなければいけません。しかしキャッシングやローン商品に申し込みをしたことがなければ、どのような審査が行われているのかといったことは全く分からない事ではあるでしょう。

 

審査というとどうしても身構えてしまうものですが、複雑な内容を長時間に渡って行うというものでもありません。「お金を借りるならどこがいい?」消費者金融や一部銀行カードローンでも最短30分で審査が完了するものもありますので、急いでいる時はこういった審査時間が短い商品を選ぶようにしましょう。

 

金融機関が審査で知りたいことは、申し込み者の信用度です。信用ができる人物、つまり確実に返済すると考えられる人物には貸したいものですが、そうではない人物、つまり返済しないかもしれないと考える申し込み者には貸したくはないのです。

 

キャッシングやカードローンはその多くが保証人や担保がなくても申し込みができることを大きな特長としています。申し込み者にとっては、手間や負担がないことから気軽に申し込みができる理由となっているのですが、金融機関としてみれば返済してもらえなければ貸し倒れになってしまうリスクを持った商品なのです。

 

そのため申し込み者の過去や現在の借り入れや返済の状態を慎重に審査して貸し付けするかどうかを判断します。貸金業者では年収の3分の1までしか貸せないという総量規制の法律から考えても、申し込み者の現在の借り入れの状態を把握しておかないわけにはいかないのです。

 

審査といっても特に緊張する必要はありませんが、申し込みをする方はとにかく正確にありのままを記入するようにしましょう。どうしても借りたいと考えることで虚偽の申告をしてしまうことは、逆に借り入れから自分を遠ざけてしまうことになるのです。

 

過去に延滞の履歴がある方は、その履歴がなくなるまで新たなローンの申し込みを待つ必要があります。また一度否決になったキャッシングにごく短期間で再度申し込みをしても同じ結果となることが多いのです。審査に通らなかった場合は申し込みの履歴がなくなる半年程度待ってからまた申し込みをする必要があります。